行人日記@はてな

昼の休みに今日見る雲も 頼りない雲 流れ雲

音楽

白鳥の歌

福島駅前には古関裕而のモニュメントがあって、30分おきに古関裕而の曲が流れます。「白鳥の歌」が流れる時間だったので聴いてきました。「白鳥の歌」は、若山牧水の短歌に古関裕而が曲を付けたものです。高校の頃、国語の授業で「各自で詩を探してきて、全…

夢淡き東京

下の「みどりの雨」の記事で触れた「夢淡き東京」のYouTube動画も貼っておきます。作曲は古関裕而ですが、私は中高生の頃にこの歌を聴いて、他の昭和の流行歌とは何かが違う、新鮮さのようなものを感じました。良さをどう表現すればいいのか分かりませんが、…

目ン無い千鳥

「目ン無い千鳥」も聴いています。こちらは古関裕而では無く古賀政男の作曲ですが、サトウハチローの歌詞がとても綺麗で大好きです。映画「新妻鏡」の挿入歌ですが、主人公の盲目の女性を子供の遊びの「目ン無い千鳥」に喩えています。www.youtube.com 目ン…

みどりの雨

YouTubeで藤山一郎の「みどりの雨」を聴いています。昭和28年に古関裕而が作曲した歌ですが、古さを感じさせないとても綺麗な曲です。私はこの歌とは中学生の頃に出会いましたが、古関裕而の作る歌は良い意味で俗っぽく無くて好きです。古関裕而の歌では、他…

平井英子さん死去

平井英子が亡くなられたそうです。まさかこの名前を現代のニュースで見ることがあるとは思いませんでした。 (失礼ですけどまだご存命だったんですね)平井英子は戦前の子供の歌手で、舌っ足らずな声を張り上げて歌うのがとても可愛らしくて魅力的でした。特…

長崎の鐘

今週の「エール」では、いよいよ古関裕而と永井博士の交流が始まり、「長崎の鐘」が生まれるエピソードが描かれました。この歌は第二次大戦の鎮魂歌として名高く、このような歌が世に残されたことがとても貴重だと私は感じています。長崎の鐘(藤山一郎)