行人日記@はてな

昼の休みに今日見る雲も 頼りない雲 流れ雲

子供にせがまれて蜂の子を買いました。

私の父親は長野出身なので、イナゴや蜂の子を普通に食べていますが、私はイナゴは平気なものの蜂の子は生理的に駄目でした。

そんなわけで今まで避けてきた蜂の子ですが、今回折角買ったので、生まれて初めて食べてみることにしました。

食べた感想は「思ったほど虫っぽくなくて米粒みたい」「でも一生に一度食べれば十分」。繰り返し食べたくなる理由は特に無いというか😅

子供たちは気持ち悪がりながら楽しそうに食べていました。

f:id:wayfarer2:20210228093944j:plain

f:id:wayfarer2:20210228093957j:plain

昭和の森

今日は昭和の森に行って来ました。

強風だったので何もしなくても凧がグングン上がって、150メートルの糸をフルに伸ばせました。写真の赤い点が凧です。

でもクジラ形の立体凧は上手く上がりませんでした。立体凧を上げるにはテクニックが必要なのかもしれませんね。

f:id:wayfarer2:20210227173619j:plain

f:id:wayfarer2:20210227173631j:plain

津田沼パルコが閉店とのこと。パルコは津田沼のシンボルのような存在で、私も幼い頃から大人になるまで頻繁に通っていたので結構ショックです。小さい頃、父親に連れられて家族でよくパルコに食事に行ったのを思い出します。

www.chibanippo.co.jp

丸信ラーメン

一昨日、福島駅前の丸信ラーメンでチャーシュー麺を食べました。テイクアウトでチャーシューを細かく切ったのを売っていたので、今度胃腸の調子が回復したら買ってみようかと思っています。

f:id:wayfarer2:20210225012458j:plain

ウィッカーマン

ウィッカーマン」を見ました。

現代のスコットランドの離島で、原始的な自然崇拝の信仰が復活していた・・という話です。

カルト・ホラーとして一部の層に大人気だそうですが、いかにもB級な安っぽいテイストでそこそこ楽しめました。

島の信仰は性に奔放で、子供たちが生殖の歌を歌い、庭木は男根の形に刈られているなど、まるでオースティン・パワーズ作品のようです(笑)

クリストファー・リーの怪演っぷりも素晴らしく、「恐怖奇形人間」の土方巽を思い出しました。

f:id:wayfarer2:20210223210713j:plain

f:id:wayfarer2:20210223210723j:plain

f:id:wayfarer2:20210223210734j:plain

filmarks.com

ここ数日福島市は暖かい日が続いていて、春の兆しかなと思っていたのですが、今日はまさかの雪でした😳陽が差して明るいのに雪が沢山舞っていて不思議な感じです。

f:id:wayfarer2:20210223150335j:plain

f:id:wayfarer2:20210223150345j:plain

讃歌

「讃歌」を見ました。

谷崎潤一郎の「春琴抄」が原作です。私は高校の頃に原作を読みましたが、倒錯した愛をテーマにしているものの、日本的な美しい小説という印象を受けていました。

この作品は、多少の脚色はあるものの、ほぼ原作どおりです。ただ、映像化すると原作の気持ち悪さがリアルに伝わってきますね・・。

とはいえ、この作品が原作の倒錯的&官能的な面を殊更に強調しているようには思えず、むしろ原作の世界が、元々こうだったのだろうと私には感じられました。

春琴抄」は美男美女が主演する美しい純愛話として映像化されがちですが、この作品ではあえてそうしていないところがリアリティがあって良かったです。

f:id:wayfarer2:20210221202815j:plain

f:id:wayfarer2:20210221202825j:plain

filmarks.com

先週末から軽い腹痛があり、医者で診てもらったところ急性胃腸炎とのことでした。

医者から「痛みが治まるまでは水とポカリスエットだけ飲んで過ごせ」と言われ、昨日までそうしていたのですが、かなり回復してきたので今日から消化の良さそうなものを食べることにしました。

大事をとって一週間程度はこういう食事をしようと思っています。

f:id:wayfarer2:20210225013338j:plain

福島市に戻ってきました。

東北新幹線那須塩原まで動いていたので、私と同じような単身赴任組が那須塩原駅に集合し、会社の車に迎えに来て貰いました。

寮の部屋の光景を見た時は絶句しました。冷蔵庫の中身や棚の荷物が床にぶちまけられ、テレビも逆さにひっくり返っていました。

地震の時に部屋にいたら生きた心地がしなかっただろうなと思います。幸い壊れた物は無く、実質的な被害はありませんでした。

f:id:wayfarer2:20210223153147j:plain

f:id:wayfarer2:20210223115353j:plain